Atsuomi 

Kiri-e Art Creator

Atsuomi

1974年山口県生まれ。 GIホールディングス所属 切絵アートクリエーター

繊細な切絵を素材そのものやひとつの手法としてアクリル画や様々な素材と融合させる切絵アートクリエーター。様々なジャンルのアーティストとのコラボ作品も手がける。

自身の求める表現の根底は無垢の世界。

元素や細胞にみる総柄、敷き並べに無垢の世界を感じオリジナル元素柄作品を発表。同時に地元企業の三笠産業さんの技術提供を受け暗闇を利用したスヌーズレンアートに昇華させる。

切絵の表現方法を探究する一方で、日本では1300年以上前に神楽の舞台装飾から始まったとされる神話の時代から現在まで続くその伝統や手法など、切絵文化の連続性からも新たなアートの可能性を見出す。

国内での個展・展覧会や海外での展示など活動を続けるなか2017年に「神の手ニッポン展」第3期 神の手アーティストに選任される。ここで選任された事で切絵特有の超絶技巧と呼ばれる細かさや繊細さへの疑問と意味をより意識する事になる。

同じ2017年に「頑張って切る」カッコ悪さを払拭する意味からレーザーカッターを使った作品展開も始める。同時に現代の機械の性能を知る事で切絵の根本に立ち返り、機械では出来ない作品や超絶技巧を肯定した作品を意識して制作している。

 

2013年第1回 国際切り絵コンクール     優秀賞受賞(山梨)

2016年第2回 国際切り絵トリエンナーレ 優秀賞受賞(山梨)

2017年「神の手ニッポン展」第3期 神の手アーティストに選任(東京 雅叙園 内 国指定文化財百段階段)

作品所蔵:切り絵の森美術館 作品タイトル /[日本] かっこにほん

     下関ゴルフ倶楽部 新クラブハウス竣工記念作品 作品タイトル/共生(環境と感性の接合点)

          龍國院 作品タイトル/中心部

     宇部市奥万倉二ッ道祖「山口県指定無形民俗文化財」岩戸神樂保存会 復活神楽作品奉納

     主な過去の展示

2008年 初個展 ギャラリー紅雲(山口県周南市)

2011年 国際グループ展(ニューヨーク・セーラムギャラリー)

2012年 国際グループ展(ニューヨーク・セーラムギャラリー

2013年 第1回国際切り絵コンクール(山梨)優秀賞受賞 作品タイトル:[日本]かっこにほん

2014年 敦臣 切絵の世界展(山口井筒屋 美術ギャラリー)

2014年 第15回ジャパンエキスポ招待作家(フランス パリ)

2015年 切絵の重力展(下関大丸 美術ギャラリー)

2015年 マイフェアドラゴン展(東京 南麻布 シャラ・パール)

2015年 切絵の浮力展(山口井筒屋 美術ギャラリー)

2016年 敦臣 富士と龍と切絵展(宇部井筒屋)

2016年 ATSUOMI展「4次元ショッピング」(東京 南青山)

2016年  第2回国際切り絵トリエンナーレ 優秀賞受賞(山梨)作品タイトル:富嶽 意識から切り離された素地からの景

2016年 切絵の現在展(福岡 小倉井筒屋 美術画廊)

2016年 もしもしにっぽんFESTIVAL 2016(東京 渋谷)

2016年 敦臣「切絵の現在」展 山口井筒屋美術ギャラリー(山口)

2017年 ONISHI PROJECT/Winter Group Show(アメリカ ニューヨーク)

2017年 TOKYO INTERNATIONAL ART FAIR 2017(東京 渋谷ヒカリエ)

2017年 敦臣「切絵の現在 2017」展 小倉井筒屋美術ギャラリー(福岡)

2017年  「神の手ニッポン展3」(東京 雅叙園 内 国指定文化財百段階段)

2018年 京太郎 新曲「忘れない」「平和観音音頭 」記念作品展示(北海道 富良野演劇工場)

2018年 やまぎん地域企業助成基金 受賞 (山口、広島、福岡)

2018年 敦臣「切絵の現在2018」展 山口井筒屋美術ギャラリー(山口)

2019年 「Experiment OF Kiri-e・実験的切絵」(山口 三笠産業 きらめきの三笠館 企画展)

2019年 さくら咲くや @ 百段階段 (東京 雅叙園 内 国指定文化財百段階団)

2019年 敦臣「切絵の現在2019」展 下関大丸美術画廊(山口)

2019年 kire-e展 PORT ART&DESIGN TSUYAMA(岡山)

2019年 超絶技巧!の否定と肯定〜中村敦臣 切絵の現在〜(岐阜県 美濃和紙の里会館)

2020年 宇部市奥万倉二ッ道祖「山口県指定無形民俗文化財」岩戸神樂保存会 復活神楽作品奉納

2021年 富良野三番館「新春 初売り 福笑い」展示販売(北海道富良野市)

2021年 「こだわりのモノづくり展」(東京 雅叙園 内 国指定文化財百段階段)

2021年 Atsuomi「切絵の現在展2021」山口井筒屋美術ギャラリー(山口)

2021年 「Lucky feather Exhibition 2021」広尾プラザ1階「おくむら」(東京)

2021年 「風と旅する龍」展 岡山、広島、山口、福島、神奈川など 2023.3月まで全国巡回中

2022年 山口フィナンシャルグループ2022年度版カレンダー作品に採用(山口、広島、北九州)